初心者でも守れるおすすめポジション

どうも!草野球だいすきパパわんです。

前記事では

草野球で大事な3つのポジションとは?

9月 5, 2019

大事なポジションを紹介しましたが

今日は

汗水垂らして仕事を1週間がんばって

土、日と草野球活動している野球初心者の

あなたに必見!!

今回は

初心者が守りやすいポジション

3つの極意

わかりやす〜く簡単に

紹介していきたいとおもいます!


そのポジションとは


  • ライト
  • セカンド
  • ファースト

です!

ライトは確かに

初心者のイメージやけど

セカンドとファーストはやばくない?

そう思う方も多いでしょう。

しかし、この記事を読むと

「なるほど〜その考えもあるのか!」と

なるはずです♪

では、わかりやすく説明していきます。

スポンサードサーチ

ライトの極意

  • 後ろにだけはとりあえず絶対に逸らさないべし!
  • 捕球したら、とりあえずすぐセカンドへ投げるべし!
  • 内野ゴロはとりあえずファーストカバーにダッシュすべし!

そう!キーワードは

とりあえず!

草野球では基本的に右打者が多いので

強豪チームでないかぎり

強烈なライトオーバーはあまりありません。

なので〝後方の打球はしょうがない〟と

諦めることも初めのうちは重要です!

後方の打球を追いかけるより

前方の打球をおいかけるほうが簡単です。

なので初めから守備位置を

深めに守るのもありですね。

またライト前にゴロが来た時に初心者は

焦ってしまうのをよく見かけます。

〝まずは捕球に100%〟全力を注ぎましょう!

そして捕球したら

すぐセカンドへ投げてください。

そうするとバッターランナーは

2塁へ進塁できません

内野手のファースト送球が

それるかもしれないので

カバーは必ずいきましょう!

「どうせこえへんやろ」でサボるのは

やめましょう!

セカンドの極意

  • どんな打球がきてもとりあえず大事に捕球するべし!
  • 牽制や二盗はとりあえずショートに全部任すべし!
  • 二遊間の打球もとりあえずショートに任すべし!

セカンドはファーストまで距離が近いので

焦らなくてもアウトにできます。

またセカンドは守備範囲も広くて

牽制やベースカバーなど

色々な動きがありますが

初心者のうちは全部ショートに任しましょう!

ショートが初心者ということは

私の経験上100%ないです。


経験談

私がショート守っていて

セカンドが初心者の時は

試合前に「ここまでは俺が行くから」

とコミュニケーションをとっています。

そうすると初心者も〝とりあえず任そう!〟

と思うのです。

スポンサードサーチ

ファーストの極意

  • 内野から来た送球はとりあえずボールの下を見るべし!
  • 両手を広げた範囲はとりあえず確実に捕球するべし!
  • ショートバウンドはとりあえず体でいくべし!

初心者はハエを叩くように

ボールを捕球しようとします。

そうするとグローブは上から下へ動くので

落球する確率が増えます。

また捕球体勢などで

内野手からのファースト送球は

人によってシュートしたりスライダーしたり

変化することもあります。

なので両手を広げる範囲は

確実に捕球できる練習はしときましょう。

ファーストが捕球しないと

試合の70%のアウトが成立しません。

両手を広げる範囲

ラジオ体操の深呼吸の動きくらいですね

ショートバウンドを捕球して

アウトできるのが1番いいですが

初心者のうちは

ショートバウンドやハーフバウンドの

判断は非常に難しいので

体でボールを止めましょう!

※ファーストはやることが意外と

多いので初心者でも

野球のルールはある程度理解している

人のほうが向いてますね。


野球とは


初心者のうちに

〝とりあえず二塁手に投げよう〟

〝とりあえず任せよう〟

など思ってプレーしていると

〝打球がきたらとりあえずバックホームに投げよう〟

〝この状況は点差があいてるし無理に捕球しなくてもいいかな〟

など

〝とりあえず〟のレパートリーが

増えてきます。

それは

〝とりあえずではなく〟

守備中の準備となります。


野球YouTuberのクニヨシTVでは

こんなことを言っています。

野球ってどうしてもね

他のスポーツと比べて

唯一プレーしている時間が試合中に

めちゃめちゃ短いスポーツなのよ。

バスケットとかサッカーとかって

ずっとボールが動いていて

ずっとプレーしている状態。

野球の場合っていうのは1試合で

2時間半くらいの試合があったとして、

実際にボールが動いている時間っていうのは
10分とか15分くらい。

それ以外の2時間以上は考えてる時間なの。

考えるっていうのが野球の奥深さと言うのか、

醍醐味でもあるんだけど・・・


引用元
https://youtu.be/FLPB6NsuUGs


ということは

準備力と想定力がとても大事になってきます。

経験者は

準備と想定をした上で打球処理しているので

慌てずプレーできているんです!

打球が来てから準備しようとしても

遅いんです。

まとめ


いかがでしたか?

キーワードは〝とりあえず〟でしたね。

初心者の方はまずは

〝とりあえず〟

が増えていくと自ずと

〝準備に変わります〟

是非明日から活用してみてください!


Instagramもやっています!
是非いいね👍フォローよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です