【内野手必見】当て捕りとは?


どうも!草野球だいすきパパわんです!


さっそくですが


当て捕り


って言葉知ってますか?


プロ野球選手でもよく使われていて


守備に定評がある西武ライオンズの源田選手ソフトバンクホークスの今宮選手も当て捕りをしています。


「当て捕りなんか初めて聞いた!」

「当て捕りのコツとか教えてもらってない!」


そう思ったあなたへわかりやすく説明していきます♪



結論からいいますと


内野手がアウトをとるための捕球技術です。



では、詳しくみていきましょう!


スポンサードサーチ

当て捕りってなに?


簡単にいうと捕球動作や送球動作のグローブで

ボールを掴む動作を省略した捕り方です。


通常なら


  • 打球が飛んでくる
  • ボールをグローブで捕球する
  • グローブからボールを右手に握りかえる
  • 送球する

という動作をしますが


当て捕りでは


  • 打球が飛んでくる
  • ボールをグローブの捕球面に弾くように当てると同時に右手をボールに添え握りかえる
  • 送球する

ボールをグローブの捕球面に弾くように当てると同時に右手をボールに添え握りかえることで

捕球→送球を速くスムーズにできます


【グローブでボール掴む】という動作を省くことで0.8秒〜1.2秒は短縮できます。


補足

平均的な草野球選手は1塁到達タイム約7秒

平均的なプロ野球選手は1塁到達タイム約4秒

【成人男性の走る速度の平均は15キロなので

1秒間に4m進む】


わん

内野手は0.1秒も無駄にしたあかんなぁ!



当て捕りが上手な人



試合の動画などは映像ではわかりにくいので

これがまさしく当て捕り!とわかりやすい動画貼っときます!This is atedori!


わん
グローブが全く閉じてないやん!

当て捕りのコツ


当て捕りは練習が必要な高度な技術です。

なので


  • へそより下のゴロ捕球するとき
  • 体の近くで捕球できる打球
  • ダブルプレーを取るときの二遊間

と、ある程度当て捕りが必要な場面は限定されます。全ての打球を当て捕りでは捕れません


もう1度いいますが高度な技術なのです!


しかし、主に守備が上手いとされているショート、セカンドの選手には必要な技術ですね!


では、どうやって捕球しているのか?


大体ゴロ捕球するときボールを捕球している場所は



この辺りですよね?


野球少年
そこがグローブの芯って教えてもらったよ!

しかし、当て捕りの場合は


ここ!薬指と中指の付け根あたりにボールを当てるイメージです。


当て捕りのコツをわかりやすく説明すると


  • 薬指と中指の付け根にボールを当てる
  • 右手はボールが弾いてくるあたりに添える
  • 送球動作の間にボールを投げれる状態にする

です!


では、それを踏まえて先ほどのアメリカ人をどうぞ!笑



ボールが落ちてくる場所はグローブのどこに当てるのかとグローブの角度で決まります。なのでめちゃくちゃ練習が必要。



ボールあそびをするべし!



上手くなるコツはただひとつ!


グローブあそび、ボールあそびをすることです!


ャッチボールの時にグラブトスで右手にボールを渡したり、グローブは閉じず下にボールを落とすあそび練習をすると上手くなります!


まずはあそびからです!



ちなみに私は、草野球を始めてからキャッチボールのときにあそび感覚で練習すると当て捕りができるようになりました。


少年野球や部活時代はこの練習をするとなぜかめちゃくちゃ怒られましたが。いま考えると怒られる意味がわからないですが、あの頃の自分は「ダメなこと」と思ってました。


わん
なので野球少年も今からやると絶対うまくなるからコソ練してみて!

スポンサードサーチ

当て捕りグローブの特徴


当て捕りをするためにはグローブも大事になってきます。おススメのグローブの特徴は


  • 捕球面が広い
  • グローブが浅い

こと。

※グローブ紹介はまた後日詳しく記事にしますね!


捕球面が広いグローブ

捕球面が狭いグローブ

グローブの奥行きが浅いグローブ

グローブの奥行きが深いグローブ

などグローブにも色々な特徴があるので、グローブの奥行きが深いグローブでは当て捕りはさらにむずかしいです。てゆか無理です。


まとめ


いかがでしたか?


当て捕りは相当高度な技術なのでいきなりはできませんが、野球のレベルがあがるにつれて必要な技術になります。


友達や親子であそび感覚で練習してみてはいかがすか?




Instagramやってます!

いいね👍フォローよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です