子供にとって大事な成長時期「ゴールデンエイジ」とは?【のびしろ】


どうも!わんです!


さっそくですが、私はTwitterでこうつぶやきました


おはようございます☀


【ゴールデンエイジ】

9歳〜12歳は

神経系の発達がほぼ100%
運動においてすぐに短時間で
習得できるので


「ゴールデンエイジ」と呼ばれてるんです🤔

大人はわかるとおもいますが、
ゴールデンエイジに覚えた基礎や技術は大人になっても覚えてます。


さらに

子どもの頃から打ち方や投げ方があまり変わらないのはこのためです。

9歳〜12歳は「自分なりの野球」が形成されます。

それだけ大事な年齢です
指導方法はこれらを視野に伝えていますか?

「ゴールデンエイジ

あなたはご存知ですか?


パパ、ママ
  • わんのTwitter見たけど「ゴールデンエイジ」についてもっと詳しく教えてほしい
  • そもそもゴールデンエイジってなに?

わん
私に任せてください!

結論からいいますと


ゴールデンエイジとは野球の基礎が出来上がるとても大事な時期です


この記事を読むとわかること

  • 野球におけるゴールデンエイジ期の大切さがわかる
  • ゴールデンエイジ期に必要なサプリメントがわかる



この記事の信頼性

  • 私は野球歴20年です
  • 少年野球を過去に指導した経験があります


スポンサードサーチ

ゴールデンエイジの特徴


くりかえしになりますが

ゴールデンエイジとは9歳〜12歳の子が運動において短時間ですぐに習得できる年齢をいいます


https://www.fungoal.com/seicho-recipe/what-is-golden-age

めちゃくちゃシンプルにいうと、直感や感覚でなんでもできてしまう時期なのです


ゴールデンエイジの特徴はこちら

ゴールデンエイジの特徴

  • 見よう見まねですぐできる
  • コツを掴むのが早い
  • 理論や体の使い方などそこまで教えなくていい


大人の場合


わん
当てどりってこうやるねんで!

草野球人
え!?手の使い方はこう!?手首の角度は…

子供の場合


わん
当てどりってこうやるねんで!

野球少年
ちょっとやってみる!こうかな?当てどりできたよ!

マンガみたいですが、これがゴールデンエイジの特徴


パパ、ママ

え!じゃあうちの子天才じゃん!


その通りです!この時期の子供たちは控えめにいっても最強で天才です。笑


野球人生の技術が身につく大切な時期


ゴールデンエイジの時期に子供たちは捕球技術やバッティング技術など「野球」を学びます


この時期に学んだ「野球」は良いも悪いも一生その子供にとって基礎になるんです


わん
大人になっても子供の頃のバッティングフォームに似てるのはこれが要因

なので、このゴールデンエイジの子供達への

野球指導はめちゃくちゃ大事です


もう一度いいます。めちゃくちゃ大事です


しかし、少年野球の指導はどうですか?



少年野球の現状



少年野球でゴールデンエイジの子供たちに対して


  • ポジションの固定
  • スタメンの固定
  • 大人による無意味な恫喝


このようなチーム多くありませんか?


わん
俗にいう勝利至上主義やな

注意

もちろん素晴らしいチームもあります!


では、少年野球でゴールデンエイジの子供たちに


  • 複数のポジション
  • 試合の出場機会
  • バッティングや守備の軽いアドバイス


を与えるとどうなるのか


あくまでも私の意見ですが

  • 野球に対する姿勢
  • 練習意識
  • 実力

めちゃくちゃ伸びるとおもいます


大人が思っている以上に試合に出ることでの吸収は大きいです。ゴールデンエイジならなおさらです


わん
ゴールデンエイジの子供たちに大人のエゴ出まくりの熱血指導なんかいらへんねん

たのしさが伝わると指導はいらないの記事はこちら


子供は子供なりに色々試行錯誤しているのに「ちがう!こうだ!」など熱血指導しているのは“教えてあげている”という大人のエゴです


スポンサードサーチ

ゴールデンエイジへの指導


かといって、全部自由にさせるわけではありません


くりかえしになりますが、この時期に学んだ「野球」はその子供にとって基礎になります


なので、基礎練習がめちゃくちゃ大事です!


  • 投げる

→キャッチボールやスローイング

  • 打つ

→ロングティーやバッティング練習

  • 走る

→ベースランニングやリード幅

  • 捕球する

→ノックや逆シングルなどの捕球練習


こういった基本練習がめちゃくちゃ大事


実践形式のノックもいいですが、グラブ捌きやスライディング練習などの基礎練習も取り入れると将来的に子供のポテンシャルは伸びていきます


わん
意外と細かい基礎を教えられないチームが多いのが現状…

《関連記事》

キャッチボールの基本は〇〇を想定すること

体の正面に入れ!はもう時代おくれです

バッティング理論の落とし穴とは

リードするときの3つのポイント


ゴールデンエイジに必要な参考サプリメント


小学生〜中学生の体は負荷がかかると故障になりやすい時期です


大人になってからの肘や肩の故障はゴールデンエイジ時期のオーバーワークが原因です


ゴールデンエイジに野球スキルを習得しても怪我をして野球ができなくなったら意味がありません。なので、これからの野球人生を見越してサプリメントを摂取するのもありです



小学生のサプリメント




  • 成長期に必要な栄養素がとれる
  • 7つの味が選べて飽きない
  • タブレットタイプかドリンクタイプか選べる


今なら初回限定で980円で購入できるのでお得です

詳しくはこちら↓

モンド・セレクション受賞!せのびとーる



中学生のサプリメント






  • 毎日1杯で成長期の栄養が補えるから楽
  • 朝食にそっと出すだけ
  • 国際基準全てクリアで安心、安全


こちらも初回限定80%オフで買えてお得です

詳しくはこちら↓

中高生応援サポート飲料【プラステンアップ】


スポンサードサーチ

まとめ


ゴールデンエイジとは9歳〜12歳の運動においてすぐに短時間で習得できる年齢をいいます


野球の基礎が出来上がるとても大事な時期です

まとめるとこうなります


✅ゴールデンエイジの特徴

  • 見よう見まねですぐできる
  • コツを掴むのが早い
  • 理論や体の使い方はそこまで教えなくていい

✅野球人生の技術が身につく大切な時期

  • 野球の基礎練習が大事
  • 子供の吸収力は大人が思ってる以上にすごい


✅サプリメント

  • 将来を壊さないためにサプリメントの摂取がおすすめ
  • 成長期の栄養をサポートしてくれる


ゴールデンエイジの子供の成長期を頭に入れて指導すると、また違った言葉かけや指導方法があなたの中で生まれてくるので是非参考にしてください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です